子どもの乾燥肌は「乾燥によって発生するかゆみ」を抑えることが大事

子どもの乾燥肌は「乾燥によって発生するかゆみ」を抑えることが大事

 

子供は普段身だしなみのことなど考えていませんが、乾燥肌については母親が目を掛けてやる必要があるでしょう。。

 

子どもと成人のケースの乾燥肌とは対処が少し異るので注意してください。

 

子供は新陳代謝が高いですから、絶えずみずみずしい細胞が作られています。
一時的に乾燥肌になったとしても、すぐにみずみずしい肌を取り戻すことができるのです。

 

だからといって乾燥肌対策は無駄な施策でしょうか?
いいえ、決してそんなことはありません。

 

ただし大人がする美容的な乾燥肌の直接的対策ではなく、むしろ乾燥によって発生するかゆみを抑えることが重要です。
具体的に言うなら、子どもはかゆいとすぐに爪で掻いてしまうのがめずらしくないからです。

 

子どもの乾燥肌は「乾燥によって発生するかゆみ」を抑えることが大事

 

そのために、皮膚がむけて、後が残ってしまったりします。

 

また、子供の場合に注意しなければならないのは、アトピー性皮膚炎です。
この徴候も乾燥肌と共通してかゆみを伴いますから、その見極めが必要となります。

 

アトピー性皮膚炎の時は、皮膚科で医薬品を処方してもらう無くてはなりません。
普通の乾燥肌対策では作用は期待できないのです。

 

さて、わたしたちが幼年時代のころを思い出してみましょう。

 

寒い木枯らしの季節でも、みんなほっぺたを真っ赤にしてハリのある肌をしてましたよね?
ですから乾燥肌対策のひとつとしてベビーローションなどを使用することも満足できるでしょう。

 

しかし、子供のケースはローションが合わないときもあまたですから、いきなり体全体に塗るのではなく、目立たない場所でチェックてみることを忘れないでください。

 

もし、湿疹などができるようであれば、ローションの使用はすぐにストップしましょう。

関連ページ

乳児の肌が乾燥している理由とその対策は?
乾燥肌の相談における対策について紹介しましょう。肌の対策に必要なことは、自分の肌の状態を知ること!つまり、状態に合わせた対策をすることがもっとも大切なのです。 。